TOP > 業務案内 > design事例一覧 > 事例


design事例

一覧へ戻る

NHK厚生文化事業団 デジタルブランディング



2021年2月掲載

NHKアートのデザイン部門では、番組に関するCGやグラフィックなどデザインワークの経験を生かし、企業ロゴの制作やCIガイドの策定などブランディングプロジェクトにも参加しています。
2020年には、同年8月に60周年を迎えたNHK厚生文化事業団のデジタルブランディングプロジェクトに参加し、NHK厚生文化事業団の皆さんとともに推進しました。
60周年の記念ロゴや愛称、デザインフォーマットを制作するとともに、NHK厚生文化事業団の活動をわかりやすく伝えることができるよう、2020年10月から新しいNHK厚生文化事業団オフィシャルサイトへリニューアルし、メールマガジン「ハーツ・レター」の配信を始めるなど、デジタルを活用した情報発信ツールを整備・強化しました。

NHK厚生文化事業団オフィシャルサイトはコチラ
https://www.npwo.or.jp/



本業務に関するNHK ART newsはコチラ


写真

写真

写真

写真

画像左から / ロゴマーク、法人名ロゴ、オフィシャルサイト、メールマガジン

<デジタルデザイン部 デジタルブランディング担当者コメント>

NHK厚生文化事業団は、半世紀以上にわたり、障害者や高齢者、災害被災者への支援などを続けている福祉団体です。
60周年のブランディングにあたって、NHK厚生文化事業団の皆さんと私たちが最初にはじめたことはデザインの目に見えるものではなく、皆さんが抱えている問題や未来の目標を話し合って共有することでした。

私たちの部では、番組や企業のロゴをはじめとしたデザインのブランディングに参加してきた経験があります。今回は、それらの経験プラス「どう発信すれば、共感を得ることができるか」という課題への新たなチャレンジでした。
これまでのロゴにもあった愛らしい鳩を引継いだ新生ロゴに込めた〈共感=ハート〉という思いがきちんと伝わるように、メールマガジンやオフィシャルサイト、ごあいさつ状や名刺などのデザインを進めました。
60周年を機に未来に向かうNHK厚生文化事業団皆さんと一緒に、これからもデザインという力を生かして、共感を増やしていきたいと思います。

「福祉」それは誰にとっても、とても身近なことです。
新たな時代の福祉に取り組むNHK厚生文化事業団のさまざまな活動が紹介されているオフィシャルサイトからは役立つ情報がたくさん発信されています。
ぜひご覧ください。