2020ー2021年 日本放送協会

大河ドラマ『青天を衝け』
美術セットやデザインワーク
大河ドラマ館設計施工

日本資本主義の礎を築いた渋沢栄一の生涯を描いた大河ドラマ『青天を衝け』(放送:2020~2021年)。
NHKアートは、セットをはじめとする美術制作・美術進行だけでなく、デジタル技術を用いてVFXスーパーバイザー及びVFXの制作を担当しました。当初予定されていたパリロケが新型コロナウイルスの影響で中止となった際には、パリの撮影チームと日本のCG制作チームがリモートで協働しパリ編のVFX制作が実現しました。
一級建築士事務所のノウハウを生かし、主人公ゆかりの地に開館した大河ドラマ館の設計・施工を担当したほか、番組で使用された小道具や衣裳の展示も行いました。

パリ編のVFXはパリと日本で共同制作(画像提供:NHK)
徳川家康が登場するアバンシーン。VFXの演出・デザイン設計からVFX制作までを担当(画像提供:NHK)
血洗島のオープンセット
「渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館」