TOP > 業務案内 > event事例一覧 > 事例


event事例

一覧へ戻る

2014“よい仕事おこし”フェア



「2014“よい仕事おこし”フェア」は、2012年に東京ドームを会場として全国63信用金庫の共催で開催された「日本を明るく元気にする“よい仕事おこし”フェア」の基本趣旨を継承し、城南信用金庫の主催として2013年より国際フォーラムに会場を移し、本年も開催されました。
複数エリアに分かれる会場の特性を生かし主催者展示や復興応援ステージ、商談エリアや特産品販売など全体の会場設計を行い、計350社という多くの出展者のビジネスマッチングの場を提供するフェアとして活気あふれる展開となりました。 弊社では、2012年開催からの実績を生かし、運営・施工事務局の業務に加え、会場デザイン・設営やステージイベントなどの演出進行、出展者管理など全体の業務を担当いたしました。

<開催概要>
■名称:2014“よい仕事おこし”フェア
■会期:平成26年8月5日(火)・8月6日(水)の2日間
■会場:東京国際フォーラム
■主催:城南信用金庫
■公式ウェブサイト:http://johnanshinkin.jp/2014-goodjob-fair/index
■受注業務:運営・施工事務局、会場設営・制作、演出・進行、出展者管理


写真

写真

写真

写真


<担当者コメント>

この「よい仕事おこしフェア」は2012年の東京ドーム会場からプロポーザルコンペを経て受託し実施してまいりました。
1回目の東京ドーム開催時は、日本シリーズ開催中の大変短い施工時間に加えて初回という大きな課題がありましたが、「テーブルウェア・フェスティバル」など東京ドームにおける会場制作の実績を生かして、効率よく運用することができました。

初回より本フェアは東北復興支援というサブテーマを掲げ展開し、城南信用金庫主催となった2013年からは東京国際フォーラムに会場を移しましたが、東北復興支援にも継続して取り組んでおります。2014年に3回目を迎えた本フェアでは、東京国際フォーラム会場の4エリアを存分に活用する構成を行いました。「復興応援ステージ」では、東北応援イベントやシンポジウムなどを展開し、“東北の祭り”にスポットをあてたステージプログラムでは、岩手県立花巻農業高校鹿踊部の皆さんなど多くの方々にご出演いただき、迫力のある演技で会場は大いに盛り上がりました。
今年のフェアでは350社ものご出展者、そして40,000人を越えるご来場者と、回を重ねるごとに「より良いフェア」に成長していく一助を担い、これから先の継続発展に協力出来たように感じています。

担当者:文化事業開発部 荒木謙一