TOP > 業務案内 > event事例一覧 > 事例


event事例

一覧へ戻る

INNOVESTA!2014(Innovation+Festa)



東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、東京都の中小企業に対する技術支援により、東京の産業振興を図り、都民生活の向上に貢献することを役割として設置された公設試験研究機関です。平成22年2月には、多摩地区に新しい産業拠点となる多摩テクノプラザが、平成23年10月には臨海地区に新たな本部拠点が移転開設されました。
「INNOVESTA!2014(Innovation+Festa)」は、この本部拠点を会場に、普段見ることのできない研究室や設備を見学しながら技術を体感できる入場無料のイベントとして、ビジネスデーとファミリーデーを設け2日間開催されました。
弊社はプロポーザルコンペを経て、本イベントの企画から会場施工、運営や演出まで全体を受注し、主催者である都産技研の皆様と協働でこのイベントを作り上げました。
2日間にわたり、特別講演やファミリー向け実験ショー、都産技研の研究員が講師となったワークショップ、館内設備を利用した実演体験、屋外の消防体験などを実施し、来場者にお越しいただきました。

<開催概要>
■名称:INNOVESTA!2014(Innovation+Festa)
■会期:2014年9月5日(金)・6日(土)の2日間
■会場:東京都立産業技術研究センター(江東区青海)
■公式ウェブサイト:http://www.tiri-innovesta.jp/
■受注業務:企画、施工、演出、進行、運営、広報


写真

写真

写真

写真


<担当者コメント>

今回のイベントの大きな目的として、東京都立産業技術研究センターの存在と技術を普段利用する中小企業の方々はもちろん、近隣に住んでいる一般の方々にも広く知っていただきたいということでした。
そのために、いかに会場にお越しいただき、満足してお帰り頂けるかに注力し計画しました。
まず来場促進のために、ゆりかもめの車内広告や、近隣小学校や住宅へ配布するなどのチラシの配布、周囲への告知から行いました。
また来場者の満足度向上のために、1日目のビジネスデーでは東京大学名誉教授の佐藤知正氏、慶応義塾大学大学院教授の岸博幸氏、はとバス元社長の宮端清次氏による特別講演や、岸博幸氏・宮端清次氏の特別対談など様々な講演を企画。また、家族連れの来場者向けのイベントとして、2日目のファミリーデーでは、チャーリー西村氏のサイエンスショーやご当地キャラのショーを東京イノベーションハブの特設ステージで行い、屋外ではしご車搭乗などの体験が出来る消防体験を行いました。
我々として反省点も多々ありますが、おかげさまで1917名の方にご来場いただき、多くのお客様がアンケート結果から見ても満足してお帰り頂くことが出来たと思います。

担当者:文化事業開発部 第2事業 森谷健太