新川千本桜沿川地区
平成28年度都市景観大賞
【都市空間部門】大賞受賞

物資の運搬ルートとして、また庶民の足となる定期運行船ルートとして江戸の生活を支えてきた新川(旧船堀川)は、東京都により、平成6年から平成19年まで新川橋から東水門までを除く約2キロメートルが整備され、その後、江戸川区が都の未整備箇所の整備をするとともに、新川の両岸の遊歩道に桜を植樹し、江戸情緒あふれる街並みとして整備する「新川千本桜計画」をスタート。現在、春には20種718本の桜が咲き誇ります。
この「新川千本桜沿川地区」は、景観の優れた地区に授与される「都市景観大賞」の平成28年度【都市空間部門】大賞を受賞しました。
弊社は江戸川区から委託を受け、新川全体計画策定、橋梁の意匠監修、新川さくら館 設計・監理などを担当しました。

Copyright NHK ART,inc. All rights reserved.

ホームへ戻る