TOP > 採用情報 > 先輩が語る入社動機

会社概要

  • 採用情報
  • 先輩が語る入社動機

先輩が語る入社動機

一覧へ戻る

イベントディレクター:文化事業開発 堅田彩子

写真

プロフィール
氏名:堅田彩子
入社年:平成27年(2015年)
仕事内容:
イベント、展示会、ステージと、大小さまざま、幅広い催事に関わっています。
企画、運営、デザイン提案、施工管理と、担当する役割も案件によってさまざまです。

私は現在、大河ドラマをはじめとするNHKの番組に関連する展示と、舞台美術制作に従事しています。
日々の経験を通して知識を増やしているところです。

~イベントディレクターの仕事について詳細はこちらをご参照ください~
入社動機:
根底にあったのは、誰かを楽しませたいという思いです。

幼い頃から、博物館、劇場、祭りなど、非日常的な空間に魅力を感じていました。自分がその空間に入り込むのも、同じ空間にいる知らない人たちの様子を観察するのも好きでした。私も「人を惹きつける空間を作り出してみたい!そこを訪れた人たちを楽しませたい!」と思うようになり、学芸員の勉強とイベント運営のアルバイトを経験する中で、仕事にしていく覚悟を決めました。

NHKアートについては、就職活動をする中で知りました。
“大河ドラマの美術を担当している会社”という程度の認識しかありませんでしたが、とある先輩社員の「NHKアートは、出演者以外のテレビ画面に映っているすべてを作り出している」という言葉に衝撃を受け、ここで働きたいと強く思いました。
志望の方へ:
働く中で感じているのは、私たちの仕事は誰かと誰かをつなぐ仕事だということ。
伝えたい思いを持った人がいて、それを受け取る人がいて、あいだがぽっかりあいている。
この両者の橋渡しがうまくできたときの達成感は、言葉では表せません。

ここには美術のプロが集まっています。
それぞれが信念を持ち、日々何かを生み出しています。
知識や経験は後からついてくるもの。
まずは一歩踏み出してみませんか?