TOP > 採用情報 > 先輩が語る入社動機

会社概要

  • 採用情報
  • 先輩が語る入社動機

先輩が語る入社動機

一覧へ戻る

デザイナー:アートセンター 佐藤芙美奈

写真

プロフィール
氏名:佐藤芙美奈
入社年:平成27年(2015年)
仕事内容:
報道部アートセンターという部署に所属し、デザイナーとして勤務しています。
毎日のニュースで使用されるテロップ、グラフ、イラストや写真のコラージュなど様々なグラフィックを作成するのが現在の主な仕事です。
NHKの番組担当者がニュースの内容を作り、アートセンターで画面のデザインを整えて送り出すという流れで、いわばニュースとお茶の間の橋渡しの役割をしています。
リアルタイムで更新されるニュースに対応するために、スピードと正確性が求められ、緊張感があふれる職場です。

また、新年度にニュース番組のデザインがリニューアルされたり、新コーナーが立ち上がったりするタイミングでは、ロゴ等のデザイン開発を手伝うこともあります。

~報道部のデザイナーの仕事について詳細はこちらをご参照ください~
入社動機:
単純な理由ですが、ものを作って、それを誰かに見てもらうことが好きで、それを仕事にできたらいいなと思っていました。
NHKアートでは、番組美術の他にもコンサートやイベントの映像を手がけており、様々な分野で映像表現を研究したいと思ったのが志望動機です。
志望の方へ:
NHKアートは、長い目で人材を育てようとしてくれる会社だと感じます。
仕事で必要な技能は入社してから身に付けることができるので、今現在特別なスキルを持っていなかったとしても、向上心を持っていれば大丈夫です。

また、番組美術からCG、ホール、イベントまで幅広い業務を手がけているので、社内にはいろいろな技術を持った人がいます。その中で自分の得意なことや「これがしたい!」という意志を持って、個性を磨いていって欲しいと思います。