TOP > 私のアートフィロソフィー > 西之原 琢

私のアートフィロソフィー新しく加わった仲間の「アートフィロソフィー」

ニューリーダー

tv art
美術プロデューサー 番組美術部 一般番組 小林 平和
美術プロデューサー 報道部 アートセンター 吉田 成人
美術プロデューサー 報道部 アートセンター 佐藤 大護
美術ディレクター 報道部 報道情報番組 清水 謙輔
design
チーフデザイナー デジタルデザイン部 アートディレクション 竹下 裕章
担当部長 デジタルデザイン部 CG・VFXプロダクション 林 伸彦
担当部長 デジタルデザイン部 バーチャル 西之原 琢
event
チーフディレクター 文化事業開発部 第1事業 工藤 一郎
副部長 文化事業開発部 建築デザイン 茂野 純司
hall
チーフディレクター ホール運営事業部 岩堀 成康

design 担当部長 デジタルデザイン部 バーチャル 西之原 琢

写真

経験を通じて技術を磨く
様々な部署での経験を生かし、現在いる部署での役割を高め、さらなる技術の向上を目指す。自分の経験だけでなく、同じ部署や他の部署との交流を積極的に行い、相互の技術を高めていく。
共有の心を持つ
経験から得られた技術やデザインコンセプト、アイデアを現場のメンバーやクライアントと共有することにより、高品質で魅力のあるコンテンツ(番組)を創り出す。デザイン分野以外の人との交流により、今までにないアイデアを生み出す土壌を作る。その事がアートの更なるサービスの向上につながる。
固定概念からの脱却
自分自身の考えや経験から生まれる物(デザインや映像)以上を目指すには、自分自身の固定概念を捨て、世代を超えた人(先輩や後輩)とのコミュニケーションを大切にし、様々なアイデアや考えた方を取り入れる事により、革新的な物を生み出すことができる。常に、他者の意見に耳を傾けるようにして、NHKアート全体を俯瞰で見ることを心がける。