TOP > 私のアートフィロソフィー > 工藤 一郎

私のアートフィロソフィー新しく加わった仲間の「アートフィロソフィー」

ニューリーダー

tv art
美術プロデューサー 番組美術部 一般番組 小林 平和
美術プロデューサー 報道部 アートセンター 吉田 成人
美術プロデューサー 報道部 アートセンター 佐藤 大護
美術ディレクター 報道部 報道情報番組 清水 謙輔
design
チーフデザイナー デジタルデザイン部 アートディレクション 竹下 裕章
担当部長 デジタルデザイン部 CG・VFXプロダクション 林 伸彦
担当部長 デジタルデザイン部 バーチャル 西之原 琢
event
チーフディレクター 文化事業開発部 第1事業 工藤 一郎
副部長 文化事業開発部 建築デザイン 茂野 純司
hall
チーフディレクター ホール運営事業部 岩堀 成康

event チーフディレクター 文化事業開発部 第1事業 工藤 一郎

写真

面白がること
仕事を「面白がって」することは、より仕事に興味がわく。興味のあるものには知識の枠も広がり、新たな発想や解決策が見いだされる。「面白がらない」仕事をしても残るものはなく、「面白がって」苦労した仕事は終了後でも良い経験として残り、新たな仕事にも生かすことができる。
創造性
新たな工夫や創意が求められるからこそ、業務遂行に創造性が求められる。
アイデアと時間を大事にし、仕事を愛し、コミュニケーションを大切にすることで、調和の取れた仕事の流れを作り、創造性を豊かにすることを目指す。
ブランド力
常に高い意識を持ち、いい仕事を行うことで、クライアントからの信頼を得ることができる。また、他とは違う独自性のある物を創りあげていくことで、我が社、独自の企業イメージブランドができ、公共放送NHKを支えるグループの一員としての自覚と責任を作るためにも今以上のブランド力を持つことができる。